丸美屋の仕事

丸美屋の仕事

おじいちゃんからお孫さんまで。
3世代に愛される商品を生み出したい

マーケティング部 ふりかけチーム

2008年入社新井 信吾

大学では食品栄養学を学ぶ。
昨年から看板商品『のりたま』を担当し、様々な企画を練る日々。

企画から販売促進まで、
あらゆる工程に関わっている

多くの方に「おいしい!」と思ってもらえる商品を世の中に発信するのがマーケティング部の仕事。商品開発から販売促進まで多くの工程に携わっています。開発期間は約半年間。1ブランドを1人で担当し、春と秋の商品発売のタイミングに合わせて新商品を企画します。まずは、全社からのテーマ案の募集やお客様相談室から届けられるお客様の生の声、モニター調査などを参考に「お客様に求められている商品」のアイデアを探っていきます。その方向性、ターゲット層やメイン素材などを決め、商品開発部との打ち合わせをスタート。試作品を何度も作り、試食を繰り返し、部内や社内アンケート、主婦モニター等の意見から味や見た目を改良していきます。一歩ずつ、「これなら売れる!」と思えるものに近づけていくのです。

他部署とのコミュニケーションが仕事に生きてくる

中身が決まればパッケージデザインの作成に取り掛かります。ラインでの大量生産に向けて資材部、生産管理部、工場などの製造部門との折衝も待っています。一方では、販売促進業務もスタート。各種メディアで展開するCMやキャンペーンの戦略について広報宣伝室と刷り合わせを行い、営業部門に向けて販売店への具体的なアプローチ法を提案したり、商談に役立つデータ資料などの作成や社内プレゼンを行います。マーケティング部の仕事は他部署との連携なしには成り立ちません。商品の問題点がわからなくなったり、アイデアに詰まった時、部署内の上司や同僚の助言はもちろんですが、他部署からの一言が解決につながることもあります。普段からのちょっとした挨拶や何気ない会話から広がっていくコミュニケーションが糧になる仕事なのです。

多くの人に愛され続ける商品を生み出すために

入社からの5年間で新商品9つ、リニューアルなら10個以上の商品を市場に送り出してきました。ひとつの課題が終わればすぐに次が始まる多忙な日々。産みの苦しみは常に味わっています。どんなアイデアでも商品化するには客観的なデータや市場の声などを集めて明確な方向性を示し、開発スタートに向けて部内を説得しなければなりません。そのプレゼン資料作りに没頭し、帰りが遅くなってしまうこともあります。時には早朝から机に向かうことも。移り変わりの激しい近年の市場の中で生き残る商品を作るのは並大抵のことではないのです。売上が伸びなければ営業現場から厳しい声が届きますし、生産数が落ちれば製造部からも厳しい指摘があります。それでも、自ら手掛けた商品を選んでくれるお客様を見かけた時の言葉では言い表せない感動があるからこそ頑張れます。いまや3世代に愛していただいている『のりたま』のような商品を、いつかこの手で生み出したいと思っています。

今までにない、“食感”を追及した
「こだわり食感ふりかけ」シリーズ
混ぜ込みわかめシリーズの中でもプレミアムな商品として「混ぜ込みわかめ貝柱」を発売しました。
中身は非常に高い評価を得たものの、定番商品と比べると割高感があり、なかなか売り上げに繋がりませんでした。より多くのお客様に食べて頂きたいとの思いから、おいしさは保ちつつお手頃価格の定番商品として中身・パッケージを刷新し直しました。その結果、多くのお客様に購入いただくことに繋がり、売り上げも倍増することに成功しました。