丸美屋の仕事

丸美屋の仕事

食へのあくなき探求と挑戦。
目標は「のりたま」のような
ロングセラー商品。

商品開発部 商品開発一課

2008年入社小泉 貴弘

大学での専攻は醸造。プライベートでも食事を作る時、
食べる時は「より美味しくするには…?」と考え続けている。

商品イメージからレシピを作り、
試作を繰り返す

マーケティング部と共に協議した方向性や味のイメージをもとに、おいしくて安全な商品を作っていくのが商品開発部の仕事です。候補となる原材料や調味料を選び、まずは家庭用のキッチンで調理してみるところからスタート。多いときは100回近くの試作と試食を繰り返し、工場で大量生産しても品質が変わらないよう、製造ラインの流れを想定しながら完成品に近づけていきます。それでも実際に製造ラインに乗せれば様々な課題が出てきます。製造事業部や生産管理部、資材部などと意見を交換しながら、最終的な量産体制に落とし込んでいくのです。また、商品に最適なパッケージの形態や材質を考えるのも仕事のひとつ。パッケージ裏面の『一括表示』や『栄養成分表示』も作成します。食品に関わる法律など、食に関する幅広い知識が必要な仕事です。

何度も壁にぶつかり、
行き詰まりながら成長する

世の中に無いものを作り出すわけですから、開発工程で壁にぶつかるのは当たり前。試作品に対する試食でもらった厳しい意見に頭を抱えることもあります。そんな時でも周囲に相談すれば、助言がもらえるのが商品開発部の良いところ。仕事が半分趣味(?)で研究肌、行き詰まっては壁を乗り越えてきた人達ばかりが集まっています。課題を細分化してひとつずつ検証しながらクリアしていくのも、地味ですが着実に前に進める方法です。入社3年目での『カレー春雨』のリニューアルは開発期間が通常の半分ほどしかなく、試作回数も限られていました。それでも、『スパイス感』『コク』などポイントを絞り込むことで、最小限の時間と労力で最大限の成果を得ることができたのです。近年、市場に出ては消える新商品が多い食品市場の中で、定番として残っていくのはほんのひと握り。その『ひと握り』を作り出すために、日々挑戦を続けています。

いつの日かロングセラー商品を
作り出したい

当社は立案から量産まで全ての工程に携われる『1商品1担当制』だから商品への愛着もひとしお。今年で入社5年目。手がけた商品は20個以上、世の中に出なかったものもたくさんあります。『商品化』するからには当然、原価面も考慮しなければならず、入れる具材の数でマーケティング部と議論したり、新しい原料をより良い条件で採用するために資材部へ協力を求めたりすることもしばしば。品質やコストを考慮した商品の構築という仕事に対して、日々プレッシャーを感じています。それでもこの仕事を頑張れるのは、携わった商品がいつの日か『ロングセラー商品』と呼ばれるようになるのが夢であり目標だからです。長く売れる商品というのは1人で作り出せるものではありません。お客様からの声を活かし、関連する全ての部署との連携がうまくいってこそ『ロングセラー商品』は生まれるのだと信じています。

タイトな試作期間でリニューアルした
「カレー春雨」
丸美屋入社後に初めてリニューアルを担当した『カレー春雨』。「本格的なスパイス感を出す」「子どもも食べられるように」という一見相反するような要望に短期間で挑戦しました。一度発売した商品に改良を加えて市場に定着させていくのも、新商品開発と並ぶ大切な業務なのです。