丸美屋の仕事

丸美屋の仕事

丸美屋の魅力をもっと伝えたい。
その一心が、開拓精神を揺さぶる。

関東信越支店 大宮営業所

2012年入社山口 航平

好奇心旺盛で明るい性格。決して諦めない粘り強さで、
看板商品以外の商品も店舗に並べてもらっている実績多数。

自分のことだけではなく、
周囲のことも考える。

わたしの仕事は、小売店や卸店など、御得意先に商品を置いていただくための「営業」です。「営業」といっても、ただ商品の良さをプレゼンするだけではありません。どうやったらお客様が商品を手にとってくださるのかを考え、売場の作り方や商品の売り方を企画提案しています。それぞれの得意先にあった企画を提案するには、まずは相手を知ることが大切。地域性や客層も含めてとことんリサーチします。ここで大事なのは、丸美屋の売上げをあげることだけを考るのではなく、得意先である店舗そのものの売上に貢献すること、売場全体が活性化し、お客様が新しい発見や楽しさを感じて買い物が出来る様に企画を練るのです。時には相乗効果を狙い、他社の商品も一緒にレイアウトを考えたり、コラボレーションした企画を提案することもあります。自分のことだけを考えていては、相手にはなかなか伝わらないもの。広い視野で物事を見て動いていくこと。それが、相手に響く営業への第一歩だと思っています。

商品を売る。「自分」も売る。

実は、企画を提案する前に、超えなくてはならない大きな壁があります。それは、御得意先の担当者との関係づくり。アポイントを取って会いに行っても話しを聞いていただけるとは限らないですし、何度訪問していても「来るな」と言われてしまうこともあります。仕事とはいえ、やはり人と人。担当者といかにコミュニケーションを取れるか、いかに心の距離を縮められるかというのが重要なのです。入社当初、そこに苦戦していたわたしは、話しを聞いてもらうにはどうしたらいいだろうと考えました。そして、商品を売る前に「自分」を売っていこうと思いついたのです。ちょっとした手伝いのために出向いたり、商品の話はせず挨拶だけさせていただいたり。顔を覚えていただいて少しでも心を開いていただけるように、些細なことでも何度も何度も足を運びました。そしてある日、ついに「山口くん、この売場あげるからなにかやってよ」と声がかかりました。この一言がどんなに嬉しかったことか。決して諦めず、自分なりのやり方を考え、挑戦してみて良かったなと思います。

「まず並べていただく」という
開拓スタイル

丸美屋には、看板商品の他にもたくさんのおすすめできる商品があります。そのたくさんの商品をまず手に取っていただくこと、食べていただくことが営業の使命だと思っています。そういった商品をいかに店舗に置いていただくか。これが腕の見せ所です。まずは担当者との関係性を築き、そして興味を持ってもらえるような企画を立てる。これが基本ではありますが、商品の良さに触れていただくために、実際に調理させていただいて、その場で食べていただくこともあります。どの商品が売れるのかを決めるのは、わたしでも営業先の担当者でもなく、お客様だと思います。だから、まず並べていただくことが第一なのです。好奇心旺盛になんでもやってみること、新しいことに挑戦することにこだわり、「まず並べていただく」というやり方が私が見つけた私の営業スタイルです。店舗に並べていただきたい商品や売り方もまだまだあります。開拓したい欲求はふくらむ一方です。

営業チームの団結力で開拓した「おもち亭」
今では冬の定番商品ですが、発売当初は店舗への導入に苦戦。しかし、大手スーパーマーケットにアプローチをし、販促物を使った企画を提案すると興味を持っていただけました。最終的には、バイヤーも驚くほどの売れ行き。営業の先輩たちが店舗まわりを手伝ってくれ、チーム一丸となって動けたことも印象的な商品です。