丸美屋の想い


女性座談会

女性社員に聞く!
丸美屋ってどんな会社ですか?

女性は、人生の中で結婚をしたり出産をしたり、状況が変化すると、働き方も変わってくる可能性がありますよね。丸美屋の女性社員たちは、どんなふうに働いているのでしょうか。今回は、世代のことなる3名に集まっていただいて、ざっくばらんに語っていただきました。丸美屋でどんなふうに働いていますか?丸美屋はどんな会社ですか?

ずばりお聞きしたいのですが、丸美屋って、女性にとって働きやすい会社だと思いますか?

アイコン「友利」
わたしは、結婚して出産も2回してるんですけど、産休に入る時も「いつでも安心して帰っておいで」って言ってもらえたし、実際、復帰した時も、今までいたような自然さで迎えてもらえて、違和感なく働きはじめることができたんですね。それってすごいことだなぁ、って思って。
アイコン「藤井」
そういうことお聞きできると、将来に対して安心感持てますね。わたしは、もともと入社するときには、女性として働きやすいかどうかっていうのは、あまり気にしていなかったんですけど、女性社員が多く働いていますし、マーケティング部だと、出産しても仕事復帰している方が多いので、働きやすいってことなんだろうな、っていうのはあったんです。
アイコン「南部」
マーケティング部だとお子さんがいる方も多くて、どうしても出張とか残業が難しい方もいらっしゃるんですけど、そういう方に対して自然にまわりがサポートしてる印象がありますね。特別なことをしている感じもまったくなく、支えるのが当たり前というか。
アイコン「藤井」
そうだね、そういう風潮が自然とできている気がします。女性社員の中に、みんながんばっていこうよ!みたいなポジティブな一致団結感みたいなものあるし、雰囲気もいいですよね。
アイコン「南部」
会社が食卓の一端を担っているって言うのもあると思うんですけど、家庭に対して理解がある人が多いですよね。だから、女性が自分らしく働けるんだろうな、って思います。
アイコン「友利」
女性の管理職もいますしね。課長クラスの女性も、ほんとバリバリ働いています。女性だから男性だから、みたいな意識は、仕事上は全くないので、性別に関係なく仕事を任せてもらえる環境だと思います。マーケティング部も女性の課長いるもんね。
アイコン「藤井」
そうですね。それにお子さんのいらっしゃる先輩や管理職の方もいます。お迎えがあるので、定時には帰宅するんですが、まわりも特にその方たちへの確認事項は時間内にできるように効率あげて仕事しようとか、そういう流れが自然とできてます。お互い、勤務時間の中で動くところは動く、任せるところは任せる、って感じで精一杯働いていて。一緒に働く中で、しっかり信頼関係が築けているんだと思いますね。
アイコン「南部」
信頼関係ができているからこそ、だと思うんですけど、任せる時にも思い切りがいいですよね。たぶん、何かあったときのサポート体制をちゃんと考慮した上で任せてくれているんだと思うんですけど。
アイコン「友利」
うん、そうだよね。よく見ていないと任せられないものね。思い切りはいいけど、ちゃんと管理してくださってるってことだね。

女性の視点が商品へのアイデアや仕事に活きることってありますか?

アイコン「藤井」
確かに、家族の食事を作るのはリアルなので、商品のアイデアやコンセプト、パッケージなどについても、考えやすいっていうのはありますね。女性社員は、最も近くにいる一番厳しいお客様なので、そういう方たちの意見てとっても貴重です。ですから、実際に作ってもらって、使いやすさや家族の反応なんかをお聞きするっていうことはよくありますね。
アイコン「友利」
うんうん、よくやってます。今日はふりかけ、明日は中華、みたいな感じで(笑)正直に言わないと意味がないから、感想は辛口に書いてますよ。「作り方が面倒くさかった」とか平気で書いちゃう。
アイコン「藤井」
助かります!わたし自身、結婚して主人の分の食事も作るようになって初めて、いかに「時短」が大事なのかを知ったんですね。それまでは、自分が「時短」に重きを置くなんて思ってもみなかったんです。
アイコン「友利」
ほんと、「時短」て大事だよね。それしかないくらい!いかに効率よくおいしいものを並べるかなんですよね。
アイコン「藤井」
品数も大事ですよね。わたしは、かなりの頻度で自社製品使っています。本当に時間がないときは、麻婆豆腐。おいしいし、すぐできるし。
アイコン「南部」
うちも、わたしが丸美屋に入社する前から麻婆豆腐はつねに家にストックしてましたね。だから、馴染みがあるんです。今も、母親と交代で夕飯作ってるんですけど、なに作ろうってなった時に、麻婆豆腐ってなること多いです。ちなみに、うちは辛口です。
アイコン「友利」
うちは子どもがいるから甘口!ひき肉増やしたりネギ増やしたり、量増し必須!
アイコン「藤井」
うちは中辛ですね。みんなの麻婆愛、すごい!(笑)一人暮らしだったり、結婚して2人暮らしだったり、家族が増えていったり、どういうライフスタイルだったとしても、女性の視点て仕事には活かしていけるなぁ、って思っています。
アイコン「友利」
そうだね!わたしも子育てしてるから気づくこととか、思うことってけっこうあるんですよね。だから、丸美屋の中にも、そういう「子ども」に特化したチームがあってもいいのかもね。子どもに関するリサーチをしたり、アイデアを出したり、イベントを開催したり。真剣に子どものことを考えるチーム、おもしろそうだなぁ、って。
アイコン「南部」
確かに、そういうチームおもしろそうですね!

最後に、丸美屋への就職を考えている学生のみなさんにメッセージをお願いします。

アイコン「藤井」
丸美屋は、働いている上では性別を意識することがないくらい、分け隔てなく接してもらえる会社だと思います。がんばったらがんばった分だけ評価してもらえる環境だから、思う存分働けていますね。
アイコン「友利」
意見も言いやすい環境だと思いますね。アットホームで和気あいあいとやっているんですけど、でも、創業90年続いてきたっていうのは、すごいことなんだと思うんですよ。地道な努力の積み重ねがあってこその今なんだと思うんです。ぜひ、そういう会社の姿も意識して見てもらえたら、って思いますね。最後に南部さん!学生のみなさんに一番近いもんね。
アイコン「南部」
そうですね。そう言われると緊張します(笑)丸美屋ってそんなに人数が多い会社ではないんです。だからこそ、社員一人ひとりの働き方を大事にしてくれる会社なんだと思います。わたしもまだ未熟ですけど、だからこそフレッシュな意見を持ってるって言っていただいて、意見を尊重してもらえるんです。それに、先輩たちを見ていると、お互いを大事にしながら、大変な時はサポートし合ってるんですね。その感じって、家族みたいだなって思うんです。若くても活躍させてもらえるってとっても嬉しいですし、毎日充実した気持ちで働いています!
アイコン「友利」
新入社員が1年経ってそう言ってくれてると、なんだか嬉しくなっちゃう!なかなか、このメンバーでゆっくり話すこともなかったから、よかったな!今度、女子会しよっか!(笑)
アイコン「藤井」アイコン「南部」
はい、是非!!

対談画像04